猫ちゃんとのトールペイント、シュガークラフト、ガーデニングライフを紹介しています。

高知の新鮮、旬の海産物 (漁獲直後の素魚(しろうお)とジガキ料理~)
冬が旬の「しろうお(素魚)」は、遡上の時期(2月~4月に川を上って産卵する事)スズキ目ハゼ科の海水魚で、内湾にすみ、群れになって川をのぼり、小石の下面に産卵します。

知人が昼の込み潮時、孟宗竹に網を仕掛け、川の中で待ち伏せして、漁獲した貴重なしろうお視力も悪く腰痛持ちの私には到底無理!無理!無理~

DSC00591.jpg

全長約5Cmで、体色は半透明で死ぬと白くなるしろうお、しらうおと似てるんですが、ちと違う~

「しらうお(白魚)」は、サケ目シラウオ科の海水魚は、内湾にすみ)全長約10Cmで、体は細長く、頭部が扁平で胴から尾にかけて側扁し、腹面に二列の黒点が並び、半透明で、死後は白色に変わる白魚こちらも春は遡上します。

姿が似てるんで大きさで区別するのかなぁ~

DSC00603.jpg

漁獲直後なので、生きてる~

元気に泳いでいるので、なんか可哀想な気がして、子供とこっそり逃がそうかなぁ~などと言いつつ、漁獲された方の苦労を思えばありがたくいただかねばぁ~

以上にテンションのあがっている、家の太公望はポン酢で生きたままお口へチュルン~と踊り食い~私はパスで調理開始~

DSC00621.jpg

熱湯に生きたまま投入(ごめんねぇ~)
でも生きた魚しょちゆうさばいているのにねぇ~

ちっこい魚が一生懸命泳いでる姿はけなげでして~

DSC00635.jpg

でオーソドックスな卵とじと味噌汁で元気もらいました。

軍艦巻きや佃煮にしても美味しいですよねぇ~

DSC00638_20170227185109604.jpg

海の町なのでカキもこれからが、岩場にくっついているジガキは小粒でも味は濃厚です。

中にはおっきいのも混ざってます。

生で食べると美味しいんですが、二度挑戦して二度とも撃沈~げろげ~ろが止まらず、ムンクの叫び状態に陥り、それからは必ず火をしっかりとうしてから食します。

DSC00602.jpg

下洗い後、沸騰したお湯にさっとくぐらせると、カキの身も縮まず臭みもとれます。

DSC00619.jpg

じゃ~ん! 出ました!2つに分かれた鉄鍋~ これ本当に便利でして、いぜんもブログでしゃぶしゃぶとすきやき料理でアップしたんですが、今回はカキはにんにくバター焼きと焼肉たれ焼きの2料理でいただきます。

高知の旬の海産物でした~

DSC00633_20170227185111405.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

しらうおとしろうおがあるのですね(*^。^*)
お味噌汁♡美味しそうです(#^.^#)
ほんと小さい魚は健気で☆罪悪感感じますね(^_^;)

便利そうな2つ合体鍋ですね(#^.^#)
全く違う味が楽しめて(*^_^*)
牡蠣は小さくなりがちですが、熱湯かけて随分違いそうですね♪
アンジュまま | URL | 2017/02/27/Mon 23:50 [編集]
Re: コメントありがとう~ アンジュままさんへ
コメントありがとう~

旬のものは、元気貰えますよねぇ~

さすがに頂いた時はぴちぴち生きているんで、

ためらったんですが、美味しく頂きました。v-411
シナモン | URL | 2017/02/28/Tue 18:44 [編集]
Copyright © アートスタジオ ブーケ ~高知からの薫風~. all rights reserved.
まとめ