猫ちゃんとのトールペイント、シュガークラフト、ガーデニングライフを紹介しています。

手抜きで時短な鮮魚のさばき方で晩御飯~
家の太公望の釣果のお魚ちゃん、半分は知人におすそ分けした残

りです。


毎月、月初めは事務仕事があり忙しいので、簡単なさばき方で調理

です。


DSC00037 (2)

鯛は、頭を落とし出汁用にストック、堅い鯛のうろこは片身だけ取り

ます。


DSC00042_20170502183038315.jpg

骨はそのままで、二枚におろして~

DSC00038_201705021830448b1.jpg

うろこのついている片身はそのまま、包丁を傾けながら、皮を剥ぎ

取ります。


うろこ引きが面倒なお魚も、刺身にするならうろこごと簡単にとれま

す。


DSC00047_20170502183045efc.jpg

鯵(アジ)も同じ要領で、うろこごと~

DSC00050_20170502183044eda.jpg

ガシラは簡単にうろこをひいて、強力背びれ、腹びれなどは、キッチ

ンばさみで、チョキチョキ~


沸騰したお湯にさっとくぐらせ、冷水に取り細かいうろこを取り除き

DSC00054_201705021832104e3.jpg

ガシラの味噌汁、鯛の塩焼き、刺身~

DSC09596_20170502183216c73.jpg

鯛はひっくり返すと~

ほっ ほっ ほ~

スリム鯛焼き~

DSC09598.jpg

お家ご飯の時短鮮魚料理です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ

柚子仕事と残り煮たけのこを一工夫~(柚子シロップ、ポン酢、ジャム、)
鉢植え山椒の葉は、ただいまワサワサ~

以前地植えにして、虫に食われて葉がボロボロに、加えて夏越しが

難しくあっけなく消滅してから、鉢栽培に切り替えてます。

丁度たけのこの時期に葉が茂ってくれてます。


DSC09992_201704261859015e3.jpg

今年もかぐや姫が出てきそうなたけのこを数回頂き、たけのこ料理

を堪能させていただきました。

小鉢に残った煮たけのことレンコンで、磯部揚げにします。


材料は

レンコン

煮たけのこ

山椒の葉

卵白

片栗粉

桜海老

のり    です。


DSC00002_201704261858550c6.jpg

レンコン、たけのこ半分はすりおろし、軽く水気を絞り、残りのたけ

のこはみじん切り桜海老、山椒の葉の刻みます。

つなぎの卵白、片栗粉を加えて練ります。

煮たけのこに味がついてるので、あまり調味料は加えなくていいん

ですが、軽く塩を加えてもいいかな


DSC00011_20170426185903131.jpg

俵型に丸め、残った卵白でのりを止めます。

160℃の油で揚げます。


DSC00014_201704261859043d2.jpg

ゆずを使って、磯部揚げにかけるポン酢を作りま

す。


DSC09984_20170426185905e58.jpg

たくさんあるので、ついでにシロップ、皮でジャムも一緒に作ること

に~

果汁を絞り、中身を取り除き、皮は茹でこぼしを繰り返します。

横はシロップ用の砂糖水、少しとろみがつくまで煮詰めます。


DSC09997_20170426190027351.jpg

とろみがついたら、柚子果汁を加え軽く沸騰させたら、柚子シロップ

の出来上がり~


DSC00008_201704261900353fb.jpg

昆布、鰹節で出汁をとり~

DSC00023 (2)

便利酢、薄口醤油、を加えて軽く煮詰め、最後に柚子果汁をくわえ

ます。

これで柚子ポン酢の出来上がり~

好みで塩、お酢を加えてもいいかなぁ~


DSC00032_20170426190035344.jpg

柚子シロップは炭酸で割って柚子サワーに、たけのこ、レンコン磯

辺は、柚子ポン酢をかけていただきます。

明日は柚子シロップでゼリーか寒天にします。


DSC00034 (2)

ふむ、もちもちレンコンにシャキシャキ竹の子の食感いいです。

ポン酢は薄めで飲めます。

ジャムは出来上がりまで、もう少し時間がかかりそう~

ケーキ作りに使用するので、出来たら即冷凍保存します。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ

収穫新たまねぎドレッシングとキャラメルカップケーキ作り
自宅の菜園の玉ねぎは、ぽつぽつ収穫できるものが~

血液サラサラ~は知っていたんで、いつも酢玉ねぎを作っていたん

ですが、今朝テレビで、ドレッシング作りを紹介していて~


血管若返り最強になるドレッシングだそうで、その理由は

① 水にさらさずすりおろすことでアリシン増加、

② 油脂成分と一緒に採ることでケルセチンの吸収率アップなんだ

そうです。


DSC00001_2017042220385560b.jpg

早速菜園の新玉ねぎで作りましたよ~

玉ねぎはすりおろしてオリーブオイル、便利酢、塩コショウ、マヨネ

ーズを加えるだけと簡単!


私は少しレモン汁も入れて

DSC00024_20170422203902b14.jpg

今日のランチのパスタサラダのドレッシングにしました。

好みでお醤油をたしても美味しいよ。

最近スーパーで、すりおろし玉ねぎドレッシングみかけるんですけ

ど、理にかなってたのね~


DSC00046_20170422203904a2b.jpg

スイーツは、キャラメルカップケーキ 製菓材料で粒状のキャラメル

も販売されていますが、生クリームの賞味期限が近いので、手作り

キャラメル作りです。


まず、グラニュー糖を火にかけて隣で生クリームを鍋で温めて

DSC09596_201704222039019f2.jpg

グラニュー糖が溶けたら、暖めた生クリームを投入~

DSC09599.jpg

冷蔵庫で一晩置いて馴染ませます。

砂糖と生クリームの配分量で、ケーキデコやシュークリーム用に使

ったり(塩キャラメルシュークリーム)


今回のようなしっかりキャラメルクリームは、生地に直接加えたりと

使い分けてます。


DSC00049_201704222040349a1.jpg

バター、砂糖、卵、薄力粉、米粉(粉の全体量の3割弱)ベーキング

パウダー、牛乳、バニラエッセンスを混ぜた生地に、りんご、レーズ

ンをバターで炒めて砂糖で煮たものと、昨晩作って馴染ませていた

キャラメルクリームを入れて生地完了。


生地をカップに詰めるのは、アイスのディッシャー

を使用して


DSC00051_20170422204033c40.jpg

焼き上がり,~

DSC00056_20170422204037c48.jpg

前列中央のカップケーキは、崩れたんではありませ~ん。

少しつまみ食いして… お味見、お味見!

米粉のおかげでふわふわ、キャラメルでこくがでました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ

材料はお庭で~(旬の和スイーツと美容和スイーツ)
数日続いてる草刈り、草抜きで収穫した、ヨモギ~

新芽は柔らかいんです。

DSC09815 (2)

あまりヨモギは好きなほうではないんですが、旬のヨモギが顔を出

してくれてるので


感謝して食べなきゃ~

まずは、熱湯に重曹少々入れて(収穫直後なら熱湯のみでも大丈

夫なんですが、ヨモギのくせが苦手なので入れてます)さっと茹で冷

水にさらし水分を絞ってきって、細かく刻んでおきます。


DSC09879_20170413175701364.jpg

ボールに白玉粉、絹ごし豆腐、砂糖を入れてまぜます。

白玉は水を使わず絹ごし豆腐で混ぜ合わすと時間が経っても堅く

なりません。


市販のこしあんを少量のお湯でゆるめて~

DSC09875_2017041317565702f.jpg

ヨモギを白玉の加えて茹でます。

DSC09884_20170413175702d46.jpg

カロリー低めの整腸スイーツは、粉寒天で~

コーヒー、砂糖に粉寒天を入れ

て火にかけ沸騰させます。


DSC09859_20170413175701a65.jpg

氷水をはり容器にコーヒー寒天を流し入れて冷やしている間に~

DSC09865.jpg

水、砂糖で粉寒天を沸騰させ、火からおろし軽く暖めた牛乳を入れ

て、ミルク寒天を作ります。


DSC09860.jpg

コーヒー寒天が固まってきたら、ミルク寒天を流し入れます。

荒熱が取れれば冷蔵庫で固めて~

DSC09869_20170413175814953.jpg

旬のヨモギを使った2色白玉とコーヒー、ミルク寒天です。

DSC09893_20170413175816de3.jpg

寒天はコンデンスミルクやシロップをかけると美味しいんですが、

今日はあっさりこのままでいただきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ

地がきの殻むきはレンジで~
いただいた地ガキは殻つき~

ごつごつした殻で、なかなか手ごわい!

なので~

DSC00890.jpg

殻のままレンジでチンします。

すると、簡単に口が開いてくれます。

DSC00897_2017040920082698c.jpg

開いても全開ではないので、この平たい道具を差込み殻をこじあけ

ます。


この道具、以前ホタテが当たる!という青森りんごで、懸賞に縁の

ない私が珍しく当たって、ホタテと一緒に送られて来た物でして


殻あけにとっても便利~

DSC00905.jpg

ぷりぷりの地ガキ~

DSC00893.jpg

しっかり張り付いたカキもこの道具でささっと取りはずせます。

DSC00900.jpg

大きいのはこのサイズ~

横はスティックシュガーです。

DSC00902_20170409201118f08.jpg

全部殻から取り出して~

DSC00909.jpg

一度に食べると栄養取りすぎ~

なので、食べるのは一度に2~3粒!

にんにくバター醤油で今日はいただきます~

DSC00914.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
↑わたしのがぞうをクリックしておうえんしてほしいにゃ!                                                               ↓FC2ブログ・ブログ村ランキング参加していますクリックして頂けるとうれしいな。  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイント・トールペイントへ
Copyright © アートスタジオ ブーケ ~高知からの薫風~. all rights reserved.
まとめ